サンダーを掛ける男性
インパクトドリルで穴を空ける
 

三種類の対処法

住宅

建築物が地震に対する対処法としては主に三種類あります。
この三種類について詳しく説明していきます。

■免震
建築物の基礎部分に積層ゴムなどを設置します。
地震の時の衝撃をこの積層ゴム部分に吸収させて揺れを軽減させる方法です。
この方法を使用することで、建築物に地震の揺れを直接伝えないようにする働きがあります。
テレビで見かけるマンションのCMなどで、時々マンションの基礎部分を紹介することがあります。
この時基礎部分にある黒い部分が地震などの衝撃を吸収する積層ゴムというものです。
免震マンションなのかという確認は、基礎部分に降りるためのハシゴなどが地面と接していないかということなどでも判断できます。

■制震
建築物を揺らす地震のエネルギーを、一階の壁などにダンパーなどの制震具で吸収して二階以上に振動が伝わらないようにする方法です。
古来に建築された五重塔のなども、実は制震構造で建築されている建物となります。
1000年以上も地震や雨風に耐え続けられているこの制震構造の効果は抜群といえます。
この制震構造は土台や基礎などは揺れますが、柱や梁などの接合部分への負担は少なくなっています。
柱や梁などにかかる負担が少ないということで、家具などの転倒を防ぐ効果が高くなります。

■耐震
この方法では、主に金属を使用します。
筋交いや金具、構造用合板などの金属で建築物を補強します。
補強する場所としては、壁などの垂直部分や床や屋根などの水平部分とがあります。
その他は土台と柱、柱と柱などの接合部分を強くすることで地震による倒壊を防ぎます。
この耐震という方法は、耐震補強リフォームで多く使用される方法です。
またこの方法であれば構造計算が可能なので、構造上での強度や安全性を確認しやすくなっています。

大掛かりな免震

部屋

建造物の地震に対する対処法は基本的に免震・制震・耐震の三種類が主な方法となります。

新築のビルやマンションなどの建築物の場合は、免震構造が多く取り入れられています。
新築の建築物に関しては、免震は効果的ではありますが、すでに完成している建築物に免震構造を追加で施すことはとても難しいとされています。
すでに建てられている木造住宅や耐震補強リフォームが必要なビルやマンションなどを免震構造にするためには基礎部分からの工事が必要になってきます。
基礎部分の工事とは簡単にできるものではなく、大掛かりな工事になるのです。

このようなことから耐震補強リフォームには耐震構造の方法がよく使用されています。
もし途中から免震にしたいという場合は最初から全て建て直すことになるので、大変大掛かりな作業になります。

壁の役割

和室

壁というものは、地震や風などの水平力に抵抗する役割があります。
ですので、弱い壁では強度が足りませんし、柱や梁などの接合部分が弱いということも耐震性を弱めることになります。
さらに床面も耐震性においてとても大切な役割を持っています。
床の面というものは上からの力を下に伝えることで建物に一体感を持たせるのです。
蓋のない箱が歪みやすいのと同じで、地震に弱い家というものは壁や床や接合部分に問題があります。
では、耐震補強リフォームが必要な家の構造にはどのような種類があるのでしょう。

まず、基礎というものはとても大切なものです。
基礎がコンクリートでない木造住宅は、基礎の上にある土台が浮いてしまうことなどを防ぐことができずに倒壊してしまう可能性があります。
次に、後から二階や三階などを増築した建物というものも危険です。
最初に設計した以上の階数を増築することで、一階部分の壁などがその重さに耐えられなくなっていることがあります。
同じように一階より二階が飛び出している構造の家なども、一階が地震の揺れでバランスを保てず重さに耐え切れなくなってしまうことがあります。
更に、地震に耐えるには壁はとても大切なものです。
ガレージなどを作るために大きく空間を開けている家、窓が壁の半分以上もある家の強度はとても弱くなっています。
耐震性能を高めるためには、壁がしっかりしていることは最低条件となります。
建物の内側の構造も大切で、大きな吹き抜けなどは耐震性に弱いとされています。

いくつか問題点をあげた中でひとつでも当てはまるものがあれば、自宅の耐震性能を見なおしてみるべきでしょう。
特に昭和56年以前に建てられた建築物に関しては、最新の耐震補強リフォームを施すことで安心して生活することが可能です。